空港リムジンバスの乗務員について

subpage1

大きい空港には空港リムジンバスが各方面へ運行されており、乗務員にもさまざまな性格の方がいます。


空港出発の時は入線時間が決まっているため、出発の5分前入線など固定ですが、地方から空港へ向う時は、リムジンバスの乗務員によって出発の5分前くらいまで車庫で休息を取っていたり、出発の20分前くらいから入線してくれる方もいます。

人気のあるリムジンの乗務員について考察してみましょう。

予約制の空港リムジンバスの場合は座席指定が多いですが、定員制の予約不要の場合は自由席が原則なので、一番前の席に座りたい場合は早くから並んでおく必要があるため、早めの入線は非常にありがたいです。


乗務員席は日よけが降ろされるのは仕方ないとして、乗務員によっては扉側の日よけを降ろされる方がいるので、これは前の車窓を楽しみたい方からすればつらいです。



空港リムジンバスは高速道路を走行する場合は多く、乗務員によって走行車線をゆっくりのスピードで走る方や、追越車線をガンガン飛ばす方など様々です。
各運転手の個性があって非常に良いです。



空港リムジンバスの所要時間は場所によって様々ですが、最低1往復の走行距離が短い場合は数往復同じ運転手が担当する事になるため、運転手側からすると非常に疲れます。
特に関空から姫路の往復便と、羽田や成田から甲府の往復便は、それなりの走行距離があるにも関わらず途中の休憩がないため、運転手の疲れは相当なものです。

相当な運行距離があるにも関わらず、滅多に事故を起こしたというニュースが流れない所もみると、非常に優秀な方が揃っているとも言えます。

リムジンの乗務員の大人の常識

subpage2

リムジンの乗務員を雇う場合には、人材確保のために何らかの特典を揃えるのもいいでしょう。それでは、人材を集めるためにはどのような特典を用意するのがいいのでしょうか。...

more

リムジンの乗務員の知っておきたい情報!

subpage3

リムジンの乗務員になる方法は様々ですが、一番簡単なのはお金持ちになることです。お金持ちにだからこそ、好きなようにお金を使うことができ、娯楽としてそういった使い方もすることができます。...

more

リムジンの乗務員の身になる知識

subpage4

リムジンは一般の乗用車に比べ車体が長く、非常に運転が難しい印象を受けますが、慣れるとそれほど難しいものではありません。印象としては大型車の部類に入ると思われがちですが日本の免許制度では乗車定員や車自身の重量にもよりますが普通免許で運転できるものも多いのです。...

more

リムジンの乗務員の皆が知りたい情報

subpage5

リムジンを利用するということのひとつにアピールがあります。夫婦やカップルでの記念日に利用する。...

more