トイレの水漏れやつまりに直面したら

トイレの便器で水がいつまでもチョロチョロ流れ続ける、あるいはタンクの中で水音がする、さらにトイレの水が流れずにあふれ出した。

こんなトレイの水トラブルに直面して困った方はいませんか。トレイは日常生活には欠かせないゾーンなので、ちょっとしたトラブルでも使えなくなれば深刻です。トイレで水漏れするケースでは、タンク内に原因があることがほとんどです。タンク内にはボールタップやフロートバルブあるいはオーバーフロー管など、幾つもパーツが格納されています。

これらのパーツが経年劣化を起こして、トラブルが発生するケースが跡を絶ちません。例えばボールタップのパッキンが劣化すれば、いつまでも少量の水漏れが続きます。これはフロートバルブでも同様です。またオーバーフロート管の亀裂や隙間さらに破断によっても、水漏れが起こります。これらのケースではパーツごと交換するのがベター。ただしある程度の知識や技術が必要な上、パーツの取り寄せが困難なこともあります。

素人の方であれば無理せずに、プロの修理会社へ依頼するのが無難でしょう。トイレではつまりによるトラブルも頻発します。その中でも特に目立つのが、トイレットペーパーの大量使用によるもの。水溶性のトイレットペーパーであっても、量が多すぎると溶けずに排水口内でつまりを起こします。このようなケースでは、市販のラバーカップでつまりを解消することが可能です。もしそれでもダメならば、地域で実績のあるプロの修理会社へ連絡すべきでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です