浴槽つまりに対処するには

浴槽つまりの原因として最も多いのが、シャンプー中の髪の毛や埃などが排水溝の中で溜まってしまうことがあげられいます。

またそれ以外にも石鹸のカスや細菌の繁殖による影響でパイプがヘドロにより閉塞することです。多くの家庭で悩まされるこの浴槽つまりは、ひどい状態や専門の知識を必要とする場合を除いては、ある程度のものはご自宅にある身近なもので対処することもできます。それが重層のアイテムです。野菜のあく抜きやお菓子作りなどに使用される重曹は、炭酸水素ナトリウムと呼ばれている粉末状の商品です。

ベーキングソーダの名称としても私たちの生活の身近にある材料ですが、万能掃除洗剤としても重宝でき人体に対して無害であることから、小さなお子様がいる家庭でも安心して掃除洗剤として積極的に使用できます。浴槽つまりにこの重曹を用いる場合、クエン酸と一緒に使うことがポイントで重要となってくるのはその比率です。クエン酸1に対して重曹3の割合で使うことが大切です。

まずこの配合をお風呂の排水溝にまんべんなく十分に振りかけてください。次に200㏄の水をかけますが、このときに先に振りかけた粉末にお水がしっかりと当たるように行うのがポイントです。すぐに科学反応で発砲が始まりますので約30分ほどの目安に放置し、そのあとにシャワーで流します。シャワーの水圧は強めの勢いのある状態で行うことで緩んだヘドロや詰まりをしっかりと落とすことができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です