自分でできる浴槽つまりを解消する方法

お風呂の水が流れなかったり、排水口から水が逆流してくる場合、浴槽つまりが起きていることが考えられます。

排水溝をキレイにして詰まりの原因を取り除けば解消することがほとんどです。日常で使用頻度が高い場所である分、浴槽つまりが起こると慌ててしまいがちですが、業者に依頼する前にできることがあります。自分でも簡単にできる方法を、把握しておきましょう。.浴槽つまりの多くの原因が、髪の毛や皮脂、シャンプーなどの油分によるものです。詰まりの原因にかかわらず、まずは排水に関係する場所を掃除してみましょう。

排水口の手前の方で浴槽つまりが起きている場合は、掃除をするだけで解消される場合もあります。ゴム手袋やスポンジ、歯ブラシを使うと細かく掃除ができます。排水口を掃除しても改善しないようであれば、内部にアプローチする必要があります。40度~50度くらいの熱湯をバケツに入れて、排水口に流し込む方法は有効です。高い位置から滝のように一気に流すやり方も効果があります。

その他には、長いワイヤーやワイヤーブラシで掻き出したり、ラバーカップを使う方法も便利です。.原因別に対処する方法を変えてみると、さらにスムーズでしょう。髪の毛のつまりには、市販のパイプクリーナーがおすすめです。次亜塩素酸ナトリウムや水酸化ナトリウムといった成分が、髪の毛のタンパク質を溶かしてくれます。排水された髪の毛には、他の汚れが付着しやすく体積が大きくなりがちです。こまめにパイプクリーナーで掃除するようにしましょう。また、皮脂や油には重曹などのアルカリ性洗剤、石鹸カスやシャンプーなどにはクエン酸などの酸性の洗浄成分が有効です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です