トイレの水漏れの原因と自己修理の方法

住居設備に中で水回りは家族共用であり、毎日何十回と使用する大切なものです。

その中でもトイレの場合は無くてはならないものであり、もしもトラブルが発生した時は迅速な復旧が求められます。その際、専門会社ではなくご自身で修理ができると非常に心強いものでしょう。トイレのトラブルの中で、1度は体験されたことがあるのが水漏れではないでしょうか。水洗タンクのレバーを押していないのに、少量の水が常に流れ出ているのが水漏れの合図です。

水漏れが起きる原因は、水洗タンク内に備わっているフロートという部品が破損していることで起こります。このフロートはタンク内の底に備わっており、貯まった水を一気に放水する役目を担っています。ラバー製になっているため、長期間水に触れていることで硬化して割れやすくなるのでトラブルが起こりやすい箇所といえるでしょう。トイレの水漏れ修理をするには、フロートを取り換えることが前提となります。

フロートはホームセンターの水栓部品売り場で販売されており、比較的容易に購入できます。16水栓と記載されていれば全メーカーの水洗タンクと互換性があるので、迷わずに購入できます。修理をする時、必ず給水栓を閉めてから作業をおこなわないといけません。開けたままだとフロートを取り換える時に水が流れるからです。フロートは水洗タンクレバーにはめ込まれているだけなので特に道具も必要がなく、古いものを取り外して交換すれば修理完了です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です