水漏れの修理を依頼する際に気をつけたいこと

水回りのトラブルにはいろいろなものがありますが、中でも水漏れは対応に注意が必要です。

水道が詰まって使えなかったり蛇口が締らず水が出たままになったりした場合は気付きやすく、すぐに修理が必要だとわかります。しかし、水漏れ特に少しずつ染み出すような漏れ方は気付くのが遅く、水道代を無駄にする可能性が高いです。水漏れに気付いたら、出来る限り早急に修理を依頼するのが得策です。放置しておくと水道代を無駄に使うだけではなく、配管の周囲にある建材に水が浸透して劣化を早めることになるからです。

建物の構造によっては床や壁、近くに電気の配線がある場合は送電に影響を及ぼす恐れもあるので気をつけましょう。水漏れの修理は、自分でやろうとせずに専門のサービス会社に任せましょう。水道の構造は予想外に複雑で素人が直せるものではありません。たとえば、配管が損傷して漏れている場合、単に亀裂や穴を塞いでも正常な水圧が得られないかもしれません。また、塞いだ物質が管内に混入し水質を悪化させる危険性もあります。

専門のサービス会社に修理を依頼する場合は、少なくとも2社に調査と見積もりをお願いしましょう。漏れている箇所の特定がより確かなものになりますし、費用の相場が把握できます。さらに、複数の会社が調査することによって他に水道関連の異常があれば発見されやすくなります。優秀なサービス会社の見つけ方としては、家族や知人に評判を聞くあるいはネットの口コミサイトを検索する等の方法があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です