適切な水漏れ修理について

台所やトイレや風呂などは毎日使用していますので、使用ができなくことは非常に困ることであります。

トイレが排水できなかったり、台所の流しが水漏れを起こしたり、風呂が使えなくなるなど、前兆なく突然に発生することがよくあります。このような水漏れなどでは状況の把握や原因の究明がたいせつであり、仕様ができない器具の周辺を見ることで水が漏れているがどこからなのかを確認するのが第一歩です。漏れ出た水の色と匂いはそのカギとなっていて、トイレから汚水であれば異臭がし、流しからの漏れであれば色が付いた水であることが多く、それ以外の場合は給水系統や給湯系統の漏れであることが推察できます。

温かい水であれば給湯系統であるため、より確実に原因の判明に近づきます。流れ出るのにかかる時間からも原因がわかります。器具の周辺から漏れているのであれば、水はすぐに流れ出ますが、多くの器具が繋がった系統のうちいずれのひとつからの漏水している場合は、流出時間が遅くなってきます。水は壁や天井内を伝わり高いところから低いところに流れて、途中に隙間があればそこからやっと出てきます。

流れ出た水の場所と種類がわかれば、これ以上流れ出ないように応急対処しなければなりません。流しや便器などは、給水や給湯の配管や排水の管につながっていますので、流れ出る元を止めればそれ以上の水がでてしまうことはなく、元バルブを閉めることや使用を控えれば水漏れすることはありません。このよう原因究明と応急対処が済みましたら、水道工事店などに状況を説明して修理を依頼します。DIYで修理することも可能である事象もありますが、恒久的に使い続ける器具ですので、専門家による修理が適切であります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です