少しの水漏れでも早いうちに修理が大切

家の中で最も使用頻度の高い水回り個所、できればトラブルが発生しないことが望ましいものです。

けれどもよく使用するだけに発生しやすい場所でもあります。少しの水漏れや排水具合が悪いと感じた場合には、早めの対処が必要です。トラブルは、小さなうちに解決しておくことが家を守ることにつながるのです。蛇口からポタポタと水がしたたる、スタンドの付け根によく水がたまる、シンク下が湿っているなど、水漏れが考えられる場合には早急に原因を突き止め、修理する必要があります。

経年劣化によるトラブルは多く、一か所で水漏れを確認したら他の水まわりでも発生している可能性があるため、調査しておくと安心です。また詰まりの場合は、築年数に関係なく発生するため、日ごろから詰まりそうなものが流れないための工夫や排水周りのそうじもこまめに行うとよいでしょう。どのような時でもトラブルにつながりそうなことをできるだけ避け、水を使用する際にも少しの異変を感じたら点検を依頼するとトラブルの発生を防ぐことが可能です。

劣化は防ぐことができませんが、こまめに手入れすることで耐用年数が違ってきます。それでも万が一修理が必要になったときに備えて、相談する修理業者をいくつか決めておくとよいでしょう。緊急時に混みあっていることも考慮し、一社がすぐに来られない状況でも迷わず別の業者に連絡できるようにしておくと安心です。夜間や早朝を問わず発生する水回りのトラブルはできるだけ防ぎたいものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です