お風呂の水漏れ修理も可能

お風呂でよく使われているサーモスタット混合水栓では、水漏れの原因が大体予測できます。

シャワーホースから水漏れが起きていたら、パッキンの交換だけで修理は終わります。シャワーヘッドとの結合部分から漏れることは良くありますが、シャワーヘッドの下部は簡単に外せますし、その内部にあるパッキンもすぐに見つかるので手間はかかりません。この修理の嬉しいところは、工具が無くても簡単に済ませられる点です。工具が必要なケースでは工具を揃えることから始めなければなりませんが、パッキンさえあればいつでもできます。シャワーヘッドやカランから水漏れしている時の修理方法はバルブの交換です。簡単に手順を確認すると、止水栓を止めてから表示リングと固定ナットを外し、スペーサーを取り外したら古い開閉バルブを引っ張ります。次に新しいバルブをセットして、あとは外していった手順と逆に戻していくだけです。

固定ナットは手では取りにくいので、ウォーターポンププライヤー等を上手く利用しながら行うのがお勧めです。開閉バルブもパッキンと同じように型番が合わないと上手くいきません。事前に調べるために、一度止水栓で止めて部品を分解してみるのが良さそうです。サーモスタット混合水栓は複雑な仕組みに見えますが、実はそれほど複雑ではありませんので、水漏れが発生したからといってすぐに業者に依頼する必要はありません。まずは自分でできそうなことを試し、状態が確認できない場合だけ依頼するのが得策です。

水漏れの修理のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です