自力でハンドル混合水栓の水漏れを修理

ハンドル混合水栓は少し古い家についていることが多いのですが、仕組みは非常にシンプルですので素人でも水漏れ修理をしやすいタイプです。

最新式のものは造りが複雑で部品を分解するのが難しいことも多いので、自力で修理をしたい人にとってはハンドル混合水栓の方がやりやすいと言えます。水漏れの原因を特定する上で重要なのが、ハンドルを回すと漏れ出るのか閉めていても出てしまうのかという点です。どちらかがはっきりしないと、手を付けるべき部分が分からないため、はっきりするまで根気良く確認しましょう。閉めていても出て来てしまう時には、ケレップまたはスピンドルの交換が必要です。ハンドル混合水栓は部品を上から順番に外していくことになるため、部品についても覚えておくと便利です。キャップ・ビス・ハンドル・カバーナット・三角パッキン・座金と外していくと、次に見えてくるのがスピンドルですので、必要に応じて交換しましょう。

スピンドルの下にはコマ・ケレップ・ナットとなっていて、ケレップに問題がありそうな時にはケレップを新品に交換します。ハンドルを回すと水漏れする場合には、ハンドルキャップ・ハンドル・カバーナットを外してパッキンを替えます。終わったら部品を元に戻して、水を出して確認することで修理は完了です。パッキンの交換はシンプルなハンドル混合水栓の修理の中でも特に簡単にできる箇所ですので、簡単に手順を覚えておけば対応できます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です