スパウトの上下から水漏れしている場合の修理

シングルレバー混合水栓の水漏れにも様々な原因がありますが、よく観察してみるとスパウトの上下から少しずつ漏れ出ているケースがあります。

スパウト部分からの水漏れの場合にもいくつかの原因が考えられ、止水栓を止めてからいくつかの箇所を調べる必要があります。修理としてもっとも簡単なのは、ナットの緩みを締め直すことです。ナットの締め直しは特に部品を取り外して分解するような手順もありませんので、モンキーレンチがあればすぐにできます。コツは程良い力加減で締めることであり、力を入れ過ぎると部品を破損する恐れがあるため注意しなければなりません。スパウトの内部にもパッキンが入っていて、パッキンの劣化によって水漏れすることがあります。

細部までよく見るとパッキンに細かな傷がついていることがありますが、これが原因となる可能性もあるため、一定期間が経過している時には交換して様子を見ましょう。傷がないように見えても、経年劣化によるトラブルは避けられません。他にもパルプ故障は修理可能な症状ですので、手順を確認した上で行ってみることをお勧めします。始める前は難しいように感じてしまうかもしれませんが、実際に修理してみると意外と簡単だったと感じる人も多いようです。原因となっている箇所を直しているはずなのにまた水漏れが止まらない場合には、見えない部分でトラブルが発生している可能性もあり、素人には対処が難しいケースだと言えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です