自分でできるシングルレバー混合水栓の水漏れ修理

様々なタイプのある水道の中でも、シングルレバー混合水栓はよく見かける種類です。

水漏れが発生した時にもっとも疑わしいのはパッキンですので、原因が全く分からない時にはパッキンの交換から始めるのが無難です。手順は非常にシンプルであり、最初に元栓を閉めたらドライバーでネジを回してレバーを取り除き、レバーが取れたら下にある部品をモンキーレンチを使って外します。そうすると蛇口を外せる状態になり、蛇口が無くなるとパッキンが2か所についているのが分かります。どちらが劣化しているのかが分からないと悩むかもしれませんが、基本的には同時に使い始めているはずですので両方とも交換することが大事です。

交換したら部品を元に戻して完了です。パッキンの交換は水漏れ修理の基本ですので、いつでもできるように手順を覚えておくと良いかもしれません。蛇口を閉めているのに水漏れが起きている時には、内部カートリッジが破損している恐れがあります。こちらも部品を取り外して交換するだけで修理できますので、自力でできる範囲に含まれます。作業時に一つだけ注意したいのは、向きを間違えないようにすることです。間違えると水と湯の切り替えが逆になってしまいます。パッキンや内部カートリッジの交換でも上手くいかない時には、パルプの故障が原因かもしれません。パルプ部分の修理では、レバーハンドルを引き抜いてナットを緩め、パルプを交換するだけで正常な状態に戻ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です