タンクから便器への水漏れは自分で修理も可能です

家庭内の水回り設備機器では、水漏れとつまりの水のトラブルが起きる事がしばしばあります。

こうしたトラブルは、専門業者に修理依頼するのが一般的です。しかし交換する部品の費用に比較して、出張費や作業費(技術費)はそこそこ高くつくものです。そこで節約のために、DIYが得意な人ならネットでトラブルの原因と修理方法を調べ、自分で挑戦する事も考えられると良いでしょう。そんな自分で修理に挑戦できるトラブルの一つに、トイレの水洗タンクから便器への水漏れがあります。

水洗タンクから便意へ水を流す仕組みは、水洗ハンドルと連動してタンクの底部に取り付けられた大きなゴム製のパッキン用部品の開閉によって行われます。このゴム製の開閉弁部品は、長く水につかり続ける事で劣化し、溶け始めます。これが原因でパッキン機能が弱くなり、水を完全にシャットアウトできなくなる事で水漏れが生じるのです。修理に当たっては止水栓を閉じて水の供給を止め、タンク内の水を流し切り、部品を取り外します。この部品を持参して、ホームセンターで適合する代替具品を購入し、付け替えればOKです。

特別な工具もなくて交換できるので、器用な人なら自分で簡単に交換可能です。しかし自分で修理に挑戦しようと始めたものの、設備機器の構造がネットの記事と異なったり、適切な工具がないために上手く分解が出来なかったりで、手に負えないと感じた場合には、色々といじり続けずに、やはり専門会社に依頼する事を忘れない事も大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です