シングルレバー混合水栓の水漏れ修理

水道にも色々な種類があり、シングルレバーの混合水栓の修理では他の種類と同じように元栓を閉めることから始めます。

水を出している時に漏れ出るケースの場合、パッキンの劣化が原因です。手順としてはレバーを外して下の部品も順番に外していき、蛇口を外したらパッキンが見えてきます。そのパッキンは経年劣化によって問題が生じているはずですので、新しいものを設置して外した部品を元に戻します。レバーを外す時にはドライバーが必要になるため、修理を開始する前にドライバーがあるかを確認しましょう。

レバー下はモンキーレンチで外します。パッキンの具体的な選び方は、メーカーと型番を調べるのが鉄則です。型番が合わないものを用意しても、水漏れの症状は直りません。新しいパッキンをつけたのに水漏れが直らない場合、ほとんどが型番の合わないものを設置しています。設置場所は非常にシンプルでつけ方を誤ることは少ないので、間違いとして多いのは商品違いです。シングルレバー混合水栓ではパッキンが二箇所についていますが、修理時には両方とも交換します。

蛇口を閉めた後でも水漏れすることがありますが、この場合は内部カートリッジに問題があります。劣化したカートリッジを速やかに交換すれば止まるはずです。カートリッジの交換作業はそれほど難しくはなく、これまで修理をしたことが無い人でもできますが、念のために始める前には取扱説明書を熟読しておくのがお勧めです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です