• 赤ちゃんの寝かしつけ

    育児経験のある人ならば悩む赤ちゃんの寝かしつけですが、背中スイッチという言葉が育児書などで使われているように抱っこしている時は寝ているのに布団の上に下ろすと背中がスイッチが入ったかのように泣くといった事が繰り返され、寝かしつけにはなかなか個人差も大きく苦労しているママも多い事でしょう。

    赤ちゃんの寝かしつけで大事なポイントとして最終的には自分で自然と寝入ってくれるのが理想ですが、どうしても難しい場合にはママが安心させてあげるという事が大切です。

    どうしても寝不足でイライラしてなぜ寝ないという気持ちで抱っこしていてもなぜか赤ちゃんは寝てくれないでしょう。

    ベビー服情報探しのヒントをお教え致します。

    代わりにパパが抱っこしたらすっと寝るように抱っこする人がイライラしていると赤ちゃんも寝たいのに寝れません。電気を消してあげる、テレビの音を下げてあげる、室内の温度を調整してあげる等、大人でも快適に寝れる環境を作ってあげる事が大切です。
    ある程度の月齢の低い赤ちゃんだと抱っこでも対応できますが、1歳近くになると重くて抱っこすると体力も使います。



    抱っこ癖と昔の人は言いましたが、寝かせる手段を抱っこばかりにしてしまうとそれがその子の睡眠導入スタイルになってしまう事は確かです。


    出来れば徐々に一緒に添い寝してあげる、手を握って寝る等抱っこ以外での方法に移行していくとママも体力的な面で苦労が減るでしょう。


    また「泣き疲れて寝る」と昔の子育ての先輩たちは言いますが、常に泣いたら抱っこというスタイルを貫いてばかりいるとママ自身も家事などが手が回らない事があるでしょう。


    一声かけてしばらくそっとしてみるという事も放置ではなく、一つの手段です。