期間工の志望動機はどう書けば良い?

期間工に応募する時、志望動機や自己PRについて悩む人は多いようです。書けることはたくさんあるはずですが、問題はなにを書くかということです。履歴書に書けることは限られているので、少ない文章でできるだけ自分をアピールしなければなりません。志望動機としては、「学校でサッカー部に入っていて、身体を鍛えていたので、体力には自信がある。

」といったことを書くのが良いでしょう。運動部に入っていた人は、それをアピールすると同時に、応募の動機にもすることができます。体力に自信があるからハードな仕事をしてがっつりと稼ぎたいという理由は、前向きで好印象です。志望動機としては、業界に興味があるということも、メジャーなものとなります。

自動車工場の期間工の仕事なら、車が好きとか、車について興味があるといった理由で応募をする人はたくさんいます。興味があるということは、モチベーションにつながるので、プラスの印象をもたれやすいです。期間工の仕事では、面接の他に体力測定があることもあります。履歴書を送って、書類選考に落とされてしまったら意味がありませんが、書類選考に通ったら良いということでもありません。

面接の時にバレるような嘘は書いてはいけません。もちろん、バレないような嘘でも、書いてはいけません。面接では志望動機については必ず聞かれるので、さらに詳しく説明できるようにしておきましょう。基本的には履歴書に書いた内容と同じことを言いますが、もっと深く聞かれることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です