期間工が身につける装備は安全のため

採用されて現場に入ると、その工程に応じた装備が支給されます。会社が安全に作業をさせるために与えており、安全ヘルメットや安全靴といった客観的に防護性能が確認されているものが中心です。現場では鋭い断面がある重量物を一時的に手で持つ場面などが多々あり、これまで蓄積されてきたノウハウによる安全管理が徹底されています。期間工として繰り返し働く方が多く見られるのは、事故を予防するための仕組みだけではなく、よくある事故で怪我をしにくい労働環境だからです。

大企業は社会的責任の大きさから、他の企業の模範としての管理を行っており、特に工場内の事故については入念に対策を実施しています。期間工は短期間の雇用ですが、契約期間中はその会社の社員として扱われるので、やはり手厚いサポートがあるのが大きな魅力です。初めての期間工としての仕事であっても、現場ではきちんと人数分の装備と、仕事を覚えるための研修期間があるので、安心して応募できます。配属された工程によって危険の種類が異なるので、ほぼ作業着と作業帽だけで済むところもあれば、籠手のような肘までカバーしてくれる防具を装着するところもあります。

どの工程に配属されるのかは採用した会社が決めるから、正式に決定してから早くその環境に慣れることが大切です。長年の経験と試行錯誤の末に完成されたスタイルだから、とにかく現場では指示された通りに装備を身につけ、傷んできたらすぐに上司に報告しましょう。現場での事故は誰にとっても好ましくないことだから、性能が劣化してきた装備品については破棄して、改めて新品が支給される場合が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です